Sunday, 16 January 2022

米外交官4人、欧州で「ハヴァナ症候群」に=米報道

 BBC News Japan, 2022年1月14日

アントニー・ブリンケン米国務長官

BBC News ジャパン

スイス・ジュネーヴと仏パリに勤務するアメリカの外交官4人が、「ハヴァナ症候群」と呼ばれている神経系の症状を訴えていることが13日、米メディアの報道で明らかになった。

報道によると、ジュネーヴ勤務の3人とパリ勤務の1人は昨年夏に体調不良となった。これまでの5年間で、約200人が同じ症状に見舞われている。

ハヴァナ症候群をめぐっては、敵対勢力が外交官をマイクロ波で攻撃しているのではないかという疑惑がある。

アントニー・ブリンケン米国務長官は、アメリカ政府はこの謎の解明に動いていると述べた。
また、ロシアに対して問題を提起したと説明したが、まだいかなる決定もなされていないとしている。

こうした体調不良は2016~2017年に、キューバの首都ハヴァナのアメリカ大使館職員に最初にみられたことから、「ハヴァナ症候群」と呼ばれている。

アメリカ外交官や情報員、当局者、その家族、さらにカナダの外交官などが症状を訴え、中には数カ月にわたってめまいや倦怠(けんたい)感を覚える人もいた。

報道によると、今回症状を訴えた1人は、治療のためにスイスからアメリカに避難したという。


「責任を明らかにする」

ブリンケン長官はMSNBCのインタビューで、この症状を訴えた世界各地の国務省職員と話し、生活にどのような影響を受けたかを聞いたと述べた。

長官は、職員らは「直接的かつ多大な影響を受けたと話した」と説明。一方で、「今日まで、我々は何が起きているのか、誰がこの責任を負うべきなのか分かっていない」と話した。

「何が起きたのか、だれの責任なのかを明らかにするため、政府を挙げて精力的に活動している」

ロシアと中国、そしてアメリカも、マイクロ波の軍事利用を研究していると言われている。しかしロシア政府は、「マイクロ波兵器」をアメリカに対して使っているという批判を、「非現実的な仮説にすぎない」と一蹴している。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

Sunday, 19 December 2021

【ナゾの健康被害】米外交官ら襲う原因不明の「ハバナ症候群」とは ロシアの関与も?

 世界各地で勤務するアメリカの外交官らが原因不明の体調不良に陥る、いわゆる「ハバナ症候群」と呼ばれる問題。

2016年にキューバの首都ハバナ駐在の米外交官の間で初めて報告されたことから名付けられ、米メディアによると200人以上が被害を訴えているといいます。今月8日には被害者への財政支援を強化する法律が成立しました。

詳しい原因はまだ特定されていないものの、米科学アカデミーは、電磁波などの「高周波エネルギーによる可能性が最も高い」と、意図的な攻撃であることを示唆する報告書を発表しています。

「ハバナ症候群」の具体的な症状とは。米政府からはロシアの関与を指摘する声も。専門家とともにじっくり議論しました。(2021年10月28日放送 BS 日テレ「深層NEWS」より)




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

Tuesday, 14 December 2021

ハバナ症候群とマイクロ波の謎

BBC, 9th September 2021

By Gordon Corera
Security correspondent, BBC News

医師、科学者、諜報機関、政府関係者は皆、「ハバナ症候群」の原因を突き止めようとしています。これは、アメリカの外交官やスパイを襲った謎の病気です。 それを戦争行為と呼ぶ人もいれば、それが新しい秘密の監視形態であるかどうか疑問に思う人もいます。そして、それがすべて頭の中にあると信じている人もいます。 では、誰または何が責任を負いますか?

 それはしばしば、人々が説明するのに苦労する音から始まりました。 「ブーンという音」、「金属を削る」、「ピアスの鳴き声」は、彼らが表現できる最高のものでした。

ある女性は、頭蓋骨に低いハム音と強い圧力があると説明しました。別の人は痛みの脈動を感じました。音が聞こえなかった人、熱や圧力を感じた人。しかし、音を聞いた人にとっては、耳を覆うことは何の違いもありませんでした。症候群を経験した人々の何人かは、数ヶ月間、めまいと倦怠感が残りました。

ハバナ症候群は2016年にキューバで最初に出現しました。最初の症例はCIA役員であり、それは彼らが秘密にされていたことを意味しました。しかし、やがて世間に公表され不安が広がりました。 26人の職員と家族がさまざまな症状を報告します。何人かの同僚が苦しんでいる人は、頭がおかしいと思っていたというささやきがありましたが、それは「すべての心の中に」ありました。

5年後、レポートは数百にのぼり、全ての大陸にまたがっており、米国の海外事業の能力に大きな影響を与えていると、BBCは言われました。

真実を明らかにすることは、今や米国の国家安全保障の最優先事項になっています。これは、当局者がこれまで直面した中で最も困難な諜報活動の課題であると述べています。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

確かな証拠はとらえどころのないものであり、症候群を競合する理論の戦場にしています。 精神病と見なす人もいれば、秘密兵器と見なす人もいます。 しかし、証拠の増加する道は、最も可能性の高い原因としてマイクロ波に焦点を合わせています。

2015年、米国とキューバの外交関係は、数十年にわたる敵意の末に回復しました。 しかし、2年以内に、ハバナ症候群は、スタッフが彼らの福祉への懸念のために撤退したため、大使館をほぼ閉鎖しました。

当初、キューバ政府、または関係の改善に反対する強硬派が、ある種の音響兵器を配備した事に責任があるのではないかという憶測がありました。 結局のところ、キューバの警備サービスは、米国人の流入に神経質になっており、首都をしっかりと把握していました。

その理論は、事件が世界中に広がるにつれて衰退するでしょう。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

しかし最近、別の可能性がフレームに現れました - そのルーツは冷戦のより暗い窪みにあり、科学、医学、スパイ、地政学が衝突する場所です。

イリノイ大学のジェームズ・リン教授がハバナの不思議な音についての最初の報告を読んだ時、彼はすぐにマイクロ波が原因であると疑いました。 彼の信念は、理論的研究だけでなく、直接の経験に基づいていました。 数十年前、彼は自分で音を聞いていました。

第二次世界大戦の前後に出現して以来、近くのレーダーがオンになり、マイクロ波を空に送り始めた時に、人々が何かを聞く事ができるという報告がありました。 これは、外部ノイズがないにもかかわらずでした。 1961年に、アレン・フレイ博士の論文は、音は神経系と相互作用するマイクロ波によって引き起こされたと主張し、「フレイ効果」という用語につながりました。 しかし、正確な原因とその影響は不明なままでした。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

Radio 4 - Crossing Continents

The Mystery of Habana Syndrome


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

1970年代に、リン教授はワシントン大学で実験を行うために働き始めました。 彼は吸収材が並ぶ小さな部屋の木製の椅子に座り、アンテナは頭の後ろを狙っていました。 彼は手に電灯のスイッチを持っていた。 外では、同僚がランダムな間隔でアンテナを通してマイクロ波のパルスを送信しました。 リン教授が音を聞いたら、スイッチを押しました。

単一のパルスは、ジッパーまたはカチッという指のように聞こえました。 鳥のさえずりのような一連のパルス。 それらは、外部からの音波としてではなく、彼の頭の中で生成されました。 リン教授は、エネルギーが柔らかい脳組織によって吸収され、頭の中で動く圧力波に変換され、それが脳によって音として解釈されると信じていました。 これは、最新の電子レンジやその他のデバイスから得られる低電力の連続形式ではなく、高出力のマイクロ波がパルスとして配信されたときに発生しました。

リン教授は、それを高くしすぎないように注意した事を思い出します。 「脳を傷つけたくなかった」と彼はBBCに語りました。

1978年、彼は自分だけが興味を持っているわけではないことに気付き、独自の実験を行っていた科学者のグループから最新の論文について話し合うという珍しい招待を受けました。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

冷戦の間、科学は激しい超大国の競争の焦点でした。マインド・コントロールのような分野でさえ、反対側が優位に立つ事への恐れの中で探求されました - そして、これにはマイクロ波が含まれていました。

リン教授は、モスクワ近郊のプシノの町にある科学研究の中心でソビエトのアプローチを見せられました。 「彼らには非常に精巧で設備の整った研究室がありました」とリン教授は回想します。しかし、彼らの実験は彼よりも粗雑でした。被験者は頭を突き出して塩辛い海水のドラムに座りました。それからマイクロ波は彼らの脳に向けて発射されるでしょう。科学者たちは、マイクロ波が神経系と相互作用していると考え、リン教授に別の見方で質問したいと考えました。

好奇心は両方の道を切り開き、米国のスパイはソビエトの研究を綿密に追跡しました。 BBCによって発掘された米国国防情報局による1976年の報告によると、共産党ブロックのマイクロ波兵器の証拠は見つからなかったが、カエルの喉にマイクロ波が心臓が止まるまでパルスされる実験を知ったとの事です。

報告書はまた、米国がソビエトのマイクロ波が脳機能を損なうか、心理的効果のために音を誘発するために使用される可能性がある事を懸念している事を明らかにしています。 「彼らの内部の音知覚研究は、軍人または外交官の行動パターンを混乱させたり混乱させたりするためのシステムに発展する大きな可能性を秘めています」

アメリカの関心は単なる防御以上のものでした。ジェームズ・リンは時折、同じ分野の武器に関する米国の秘密の研究への言及を垣間見るでしょう。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

そして、リン教授がプシノにいる間、遠くない別のアメリカ人のグループは、彼らがマイクロ波に襲われている事、そして彼ら自身の政府がそれを覆っていたことを心配していました。

四半世紀近くの間、モスクワにある10階建ての米国大使館は、目に見えない幅の広い低レベルのマイクロ波のビームに浸されていました。 それは「モスクワ信号」として知られるようになりました。 しかし、何年もの間、内部で働く人々のほとんどは何も知りませんでした。

ビームは近くのソビエトのアパートのバルコニーにあるアンテナから来て、大使館のオフィスとより敏感な仕事が行われた大使館の上層階に当たりました。 それは1950年代に最初に発見され、後に10階の部屋から監視されました。 しかし、その存在は、内部で働く少数を除いて全てからしっかりと保持された秘密でした。 「私たちはその目的が何であるかを理解しようとしていました」と、70年代半ばに大使館でナンバー2にいたジャック・マトロックは説明します。

1964年頃、モスクワのノヴィンスキー大通りにある米国大使館(GETTY IMAGES)

しかし、新しい大使であるウォルター・ストッセルが1974年に到着し、全員に言われない限り辞任すると脅しました。 「それはパニックのようなものを引き起こしました」とマトロック氏は回想します。子供たちが地下の保育園にいる大使館のスタッフは特に心配していました。しかし、国務省はリスクを軽視しました。

その後、Stoessel大使自身が病気になりました - 彼の症状の一つとして目の出血がありました。 1975年に機密解除されたワシントン駐在のソビエト大使への電話で、ヘンリー・キッシンジャー米国務長官はストーセルの病気をマイクロ波に関連付け、「私たちは物事を静かに保とうとしている」と認めた。ストッセルは66歳で白血病で亡くなりました。「彼は良い兵士を演じる事に決めました」と大騒ぎせずに、彼の娘はBBCに語った。

1976年から人々を保護するためにスクリーンが設置されました。しかし、多くの外交官は、国務省が最初は黙っていたと信じて怒っており、その後、健康への影響の可能性を認める事に抵抗しました。これは、数十年後にハバナ症候群に反響した主張でした。

モスクワの信号は何のためにありましたか? 「ソビエトが私たちに損害を与える以外の意図を持っていたと、私はかなり確信しています」とマトロックは言います。彼らは監視技術で米国に先んじており、一つの理論は、会話を拾うために窓からマイクロ波を跳ね返したというものでした。(覗いて突く、"peek and poke")。ソビエトはある時点でマトロックに、その目的は実際にはモスクワでソビエトの通信を傍受するために使用された大使館の屋根に、アメリカの機器を詰め込むことであったと語った。

これは監視と対抗監視の世界であり、大使館や政府内でさえ全体像を知っている人はごくわずかであるほど秘密です。

一つの理論は、ハバナがより高出力の指向性マイクロ波を使用してある種の監視を実行するために、はるかに的を絞った方法を含んでいたというものです。ある元英国諜報員はBBCに、マイクロ波を使用して電子機器を「照らし」、信号を抽出したり、信号を識別して追跡したりできると語った。他の人は、デバイス(おそらくアメリカのデバイスでさえ)が不十分に設計されているか、誤動作していて、一部の人々に物理的な反応を引き起こしたのではないかと推測しています。しかし、米国当局はBBCに対し、デバイスが特定または回収されていない事を伝えています。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

落ち着きを取り戻した後、事件はキューバを越えて広がり始めた。

2017年12月、Marc Polymeropolousはモスクワのホテルの部屋で突然目が覚めました。上級CIA役員の彼は、ロシアの対応者に会うために町にいました。 「耳が鳴り、頭が回転している。嘔吐するような気がした。立ち上がれなかった」と彼はBBCに語った。 「それは恐ろしい事でした」最初のハバナの症例から1年後のことでしたが、CIAの診療所は、彼の症状はキューバの症例と一致しないと述べました。治療のための長い戦いが始まりました。ひどい頭痛は消える事はなく、2019年の夏に彼は引退を余儀なくされました。

Polymreopolous氏は当初、「あまりにもひっくり返った」ある種の技術的監視ツールに見舞われたと思っていました。しかし、CIAでさらに多くの事件が発生したとき、彼は、ロシアで働いている人々に関連して、彼は武器の標的にされたと信じるようになったと彼は言います。

しかしその後、2018年初頭に広州の領事館を含む中国がやって来ました。

中国で影響を受けた人々の一部は、カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授であるベアトリス・ゴロンブに連絡を取りました。彼女は、マイクロ波の健康への影響やその他の原因不明の病気について長い間研究してきました。彼女はBBCに、2018年1月に国務省の医療チームに、電子レンジが原因であると考えた理由の詳細な説明を書いたと語った。 「これは興味深い読み物になります」と曖昧な反応でした。

ゴロンブ教授は、広州の職員の家族が市販の機器を使用して高レベルの放射線を記録したと述べています。 「針が利用可能な測定値の上部から外れました」しかし、国務省は、国務省が自分たちの背中から取った測定値は分類されていると自分たちの従業員に言ったと彼女は言います。

多くの問題が初期の調査を悩ませました。一貫性のあるデータを収集できませんでした。国務省とCIAは互いに連絡を取り合う事ができず、内科チームの懐疑論が緊張を引き起こしました。

中国からの9つの症例のうち1つだけが、ハバナの症例に基づく症候群の基準に一致すると、国務省によって最初に決定されました。そのため、症状を経験した他の人は怒り、それを補ったと非難されているように感じました。彼らは平等な待遇のための戦いを始めましたが、それは今日も続いています。

欲求不満が高まるにつれ、影響を受けた人々の一部は、国家安全保障事件を専門とする弁護士であるマーク・ザイドに目を向けました。彼は現在、諜報機関の半分を含む約20人の政府職員の代理を務めています。

「これはハバナ症候群ではありません。これは誤った呼び方です」と、クライアントが多くの場所で影響を受けたザイド氏は主張します。 「1960年代後半以来、私が見た証拠に基づいて、何が起こっているのかは、恐らく米国政府によって知られているでしょう」

2013年以来、Zaid氏は、米国国家安全保障局の1人の従業員を代表しており、1996年に分類されたままの場所で被害を受けたと考えています。

Zaid氏は、なぜ米国政府がより長い歴史を認めたがらないのか疑問に思います。一つの可能​​性は、それが何年にもわたって無視されてきた事件のパンドラの箱を開くかもしれないからだと彼は言います。もう一つは、米国もマイクロ波自体を開発し、おそらく配備しており、それを秘密にしておきたいからです。

マイクロ波の兵器化に対する国の関心は、冷戦の終結を超えて拡大しました。報告によると、1990年代から、米国空軍は、マイクロ波が人々の頭に不快な音を出す事ができるかどうかを確認するためのコードネーム「Hello」、群衆制御の使用をテストするための「Goodbye」、および確認するためのコードネーム「Goodnight」のプロジェクトを持っていました。彼らが人々を殺すために使われる事ができれば。 10年前の報告によると、これらは成功していませんでした。

しかし、心とそれに対して何ができるかについての研究は、軍事と安全保障の世界でますます注目を集めています。

「脳は21世紀の戦いの風景と見なされています」と、国防総省の顧問であり、ジョージタウン大学の神経学および生化学の教授であり、最初のハバナの症例を調べるように依頼されたジェームズ・ジョルダーノは主張します。 「脳科学はグローバルです。それは、かつて西洋として知られていた地域だけではありません」彼はBBCに、脳機能の増強と損傷の両方の方法が検討されていると語った。しかし、それは透明性やルールがほとんどない分野です。

彼は、中国とロシアがマイクロ波の研究に従事しており、産業用および商業用に開発されたツール(たとえば、材料に対するマイクロ波の影響をテストするため)が再利用された可能性を提起していると述べています。しかし、彼はまた、混乱と恐怖の広がりも目的であったかどうか疑問に思います。

この種の技術はしばらく前から存在していた可能性があり、選択的に使用されていた可能性もあります。しかし、それでもキューバで何かが変わった事を意味します。

ビル・エヴァニナは、ハバナの事件が発生した時は上級諜報員であり、今年は国家防諜安全センターの長を辞任しました。彼はハバナで何が起こったのかについてほとんど疑いを持っていません。 「それは攻撃的な武器だったのだろうか?私はそれがそうだったと思う」と彼はBBCに語った。

彼は、マイクロ波が最近の軍事紛争で配備された可能性があると信じていますが、変化を説明するために特定の状況を指摘しています。

フロリダ海岸から90マイル離れたキューバは、通信を傍受することによって「信号インテリジェンス」を収集するための理想的な場所でした。冷戦の間、それは主要なソビエト・リスニング・ステーションの本拠地でした。 2014年にウラジーミル・プーチンが訪問したとき、報告はそれが再開されていることを示唆しました。ある筋によると、中国も近年2つのサイトを開設し、ロシア人は30人の追加の諜報員を派遣した。

しかし、2015年から、米国は町に戻ってきました。新しく開設された大使館と強化された存在感で、米国はその基盤を確立し始めたばかりであり、情報を収集し、ロシアと中国のスパイに反対しました。 「私たちは地上戦にあった」とある人は回想する。

それから音が始まりました。

「ハバナの大使館の閉鎖から最も恩恵を受けたのは誰ですか?」エヴァニナ氏に尋ねます。 「ロシア政府がキューバで彼らの諜報収集を増やして公布しているならば、彼らがキューバに米国を持っていることはおそらく良くなかったでしょう」

ロシアは、関与しているという非難を繰り返し却下しているか、「マイクロ波兵器を向けている」 外務省は、「このような挑発的で根拠のない憶測や空想的な仮説は、コメントとして深刻な問題とは見なされない」と述べた。

そして、ハバナ症候群の存在そのものについて懐疑的な見方があります。彼らは、キューバの独特の状況が彼らの主張を支持していると主張している。


「伝染性」ストレス

UCLAの神経学教授であるRobert W Balohは、原因不明の健康症状を長い間研究してきました。彼がハバナ症候群の報告を見た時、彼はそれらが集団心因性状態であると結論を下しました。彼はこれを、たとえ何も問題がなかったとしても、汚染された食品を食べたと言われた時に人々が気分が悪くなる方法と比較します - プラセボ効果の逆です。 「集団心因性疾患を見ると、通常、ストレスの多い根本的な状況があります」と彼は言います。 「キューバと大使館職員の大衆、特に最初に影響を受けたCIAエージェントの場合、彼らは確かにストレスの多い状況にありました」

彼の見解では、脳の霧やめまいなどの毎日の症状は、患者、メディア、医療専門家によって、症候群として再構成されています。 「症状は他の症状と同じように現実的です」と彼は言い、特に閉鎖的なコミュニティ内で報告が広まるにつれて、個人は過度に気づき、恐れるようになったと主張します。これは、その後、海外で奉仕している他の米国当局者の間で伝染するようになったと彼は信じています。

ハバナの米国大使館、2021年5月(GETTY IMAGES)

説明できない要素がたくさん残っています。カナダの外交官がハバナで症状を報告したのはなぜですか?彼らは近くのアメリカ人を標的にした事による巻き添え被害でしたか?そして、なぜ英国当局は症状を報告していないのですか? 「ロシア人は近年、放射性物質で英国内の人々を文字通り殺そうとしましたが、なぜ報告された症例がないのですか?」マーク・ザイドに尋ねます。 「英国では誰も症状を経験していないという声明を一時停止するだろう」とビル・エヴァニナは答える。

一部の事例は無関係である可能性があります。 「中東には、この攻撃を受けたと主張する軍人がたくさんいました。彼らは食中毒を患っていた事がわかりました」とある元当局者は言います。 「小麦をもみ殻から分離する必要があります」と、メンタルヘルスの問題を抱えている一般市民のメンバーがマイクロ波攻撃に苦しんでいると主張して、彼に近づいているとマーク・ザイドは言います。ある元当局者は、米国当局によって報告された事件の約半分は、恐らく敵による攻撃に関連していると考えています。他の人は、実数はさらに小さいかもしれないと言います。

全米科学アカデミーによる2020年12月の報告は、極めて重要な瞬間でした。専門家は、科学者と臨床医、および8人の犠牲者から証拠を入手しました。 「それは非常に劇的でした」と、パネルの議長を務めたスタンフォード大学のデビッド・レルマン教授は回想します。 「これらの人々の何人かは、誰による彼らに対するさらなる行動を恐れて、文字通り隠れていました。彼らの安全を確保するために私たちが取らなければならなかった予防策が実際にありました」パネルは心理的およびその他の原因を検討しましたが、証拠を提出したジェームズ・リンの見解と同様に、指向性のある高エネルギーのパルスマイクロ波がいくつかの症例の原因である可能性が高いと結論付けました。


☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙☙

しかし、国務省が調査を後援したとしても、それでも結論はもっともらしい仮説に過ぎないと考えており、当局はそれを裏付けるさらなる証拠を見つけていないと述べています。

バイデン政権は、この問題を真剣に受け止めていることを示しています。 CIAと国務省の職員は、事件への対応方法についてアドバイスを受けています(「Xを降りる」を含む - 彼らが打撃を受けていると感じた場合、その場所から物理的に移動することを意味します) 国務省は、現在「原因不明の健康事故」と呼ばれているものについてスタッフを支援するためのタスクフォースを設置しました。特定の基準を満たしているかどうかに関してケースを分類する以前の試みは中止されました。しかし、定義がないと、数えるのが難しくなります。

今年、新しい事件の波が到来しました - ベルリンとウィーンのより大きなグループを含みます。 8月、米国のカマラ・ハリス副大統領によるベトナムへの旅行は、ハノイの大使館での事件が報告されたため、3時間遅れました。心配している外交官は今、家族と一緒に外国の任務を引き受ける前に質問をしている。

「ロシア人が旅行中の諜報員に何かをしていると考えるなら、これは私たちにとって大きな気晴らしです」と、今年最終的に彼が望む治療を受けた元CIA役員Polymreopolousは言います。 「それは私たちの運用上のフットプリントに支障をきたすでしょう」

CIAは、オサマ・ビン・ラーディンの捜索のベテランが担当することで、大義のために捜索を引き継ぎました。


血中の目印

別の国が米国の役人に危害を加えているという非難は結果的なものです。 「それは戦争行為です」とPolymeropolous氏は言います。それは到達するための高いバーになります。政策立案者は確固たる証拠を要求するだろうが、これまでの所、当局はまだ不足していると述べている。

5年後、一部の米国当局者は、ハバナ症候群が始まった時以外は、ほとんど知られていないと言います。しかし、他の人は同意しません。彼らは、マイクロ波の証拠は、まだ決定的ではないにしても、今でははるかに強力であると言います。 BBCは、データが初めてより体系的に収集および分析されるにつれて、新しい証拠が到着している事を知りました。今年のいくつかの症例は、血液中に特定のマーカーを示し、脳損傷を示していました。これらのマーカーは数日後に消え、以前はそれらを見つけるのに時間がかかりすぎていました。しかし、症状を報告した後、人々ははるかに迅速に検査されているので、彼らは初めて見られました。

議論は依然として分裂的であり、答えが複雑である可能性があります。他の人が症候群に折りたたまれている間、実際のケースのコアがあるかもしれません。当局は、技術と意図が時間の経過とともに変化した可能性を提起し、おそらく米国を動揺させようとする方向にシフトしている。ある国が別の国の活動に便乗しているのではないかと心配する人さえいます。 「私たちは簡単なラベル診断が好きです」とRelman教授は主張します。 「しかし、達成するのが難しい場合もあります。それができない場合は、単に手を上げて立ち去らないように細心の注意を払う必要があります」

ハバナ症候群の謎は、その真の力かもしれません。それが広がる曖昧さと恐れは乗数として働き、ますます多くの人々が彼らが苦しんでいるのかどうか疑問に思い、スパイや外交官が海外で活動することを難しくしています。それが厳密に定義された事件として始まったとしても、ハバナ症候群はそれ自身の人生を発展させたかもしれません。

Illustrations by Gerry Fletcher




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

Sunday, 7 November 2021

ハバナ症候群、米大使館の健康被害対策へ 国務長官

The Sankei News 2021/10/06

ブリンケン米国務長官(ロイター)

 ブリンケン米国務長官は5日、各国の米大使館などで職員や家族が原因不明の健康被害を訴えている問題の対策チームを率いる高官2人を任命したと発表した。

2016年にキューバ駐在の米政府職員の事例が最初に報告されたことから「ハバナ症候群」と呼ばれる。同症候群は聴覚障害、めまいや吐き気などが起きるとされる。

ブリンケン氏は記者団に「原因を突き止め(被害に遭った)人々のケアに全力を挙げる」と強調した。

コロンビアやドイツ、オーストリア、ロシア、中国、ベトナムなどに駐在する職員らにも相次ぎ症状が出た。(共同)

 



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村